耐震改修工事における賃借人(テナント)の受忍義務と補償問題

耐震性に問題があるビルの耐震改修工事に当たり、テナントに対する補償が問題となることがあります。耐震改修工事には、数週間から数か月かかることもあり、その間、テナントが賃借物件において営業できないことがあります。その場合、営業できない期間の賃料をどうするか、また、営業補償をどうするかが問題となります。

まず、テナントは、耐震改修工事を拒むことはできません(民法606条2項)。これを拒めば、賃貸人から債務不履行を理由に賃貸借契約を解除されることもあります。

次に、工事を行う期間の賃料については、支払義務がなく、賃貸人はこれを請求することができないと考えられます。賃貸借の本質は、目的物の使用収益とそれの対価の支払いにありますから、使用収益ができない以上は、その期間の賃料は発生しないと考えられます。

それでは、工事期間中の営業利益の補償はどう考えるべきでしょうか。これについて判断した裁判例は、私が調べた限りは見当たりません。
実務上は、円満・迅速な工事の実施の観点から、賃料の数か月分の補償金を支払うことが多いようですが、法的には不要です。民法606条2項は、保存に必要な工事を賃借人の受忍義務として定めていますし、もし契約の目的を達成することができないならば、賃借人には、賃貸借契約を解除してその損害を回避する手段が与えられているからです(新版注釈民法(15)債権(6)231頁)。

賃貸人がテナントと工事期間の補償について交渉する場合、テナントには補償金を請求する権利がないことを前提に、早期解決の観点から一定額の補償金支払いを提示すれば、全体として円満解決が図れるのではないかと思われますので、ご参考にしていただければ幸いです。

ご相談等のお問い合わせはこちらから

プロフィールや取扱い実績はこちらから

投稿日:2015年8月14日 最終更新日:2017年3月27日
カテゴリー:借地・借家

借地・借家に関する記事一覧


Warning: Use of undefined constant date - assumed 'date' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/hironorimachida/www/wp-content/themes/Hironori-Machida/single.php on line 59
  • 借地・借家
     
    2017年03月27日

    シェアの形態

     オフィスビル賃貸借におけるシェアの形態は、広い意味でとらえると様々なものがあり、従前から行われているものも多くあります。  たとえば、以下のよ...→続きを見る

  • 借地・借家
     
    2017年03月22日

    サブリース形態によるシェアオフィス事業におけるオーナーの法的リスク

     先日のブログにて、シェアオフィスにおける利用者との契約に借地借家法が適用されるかという問題を記載しました。もし、シェアオフィス事業がビルオーナーでは...→続きを見る

  • 借地・借家
     
    2017年03月27日

    シェアオフィス・曜日貸し・時間帯貸しと借地借家法

     近時、様々なシェアビジネスが盛況であり、不動産賃貸借も例外ではありません。シェアハウス、シェアオフィスのみならず、店舗や教室等の曜日貸し(特定の曜日...→続きを見る

  • 借地・借家
     
    2017年03月27日

    DIY型賃貸借

     国土交通省住宅局から、平成28年4月15日、DIY型賃貸借に関する契約書式例及びガイドブックが公表されました。 →続きを見る

  • 借地・借家
     
    2016年03月14日

    賃料増額を怠った場合の立退料への影響

    長年にわたり賃貸借が行われているときに、当初決めた賃料のまま改定せず、相場よりも安い賃料が継続しているケースがあります。しかし、いざ、建物を再築する...→続きを見る

記事カテゴリー一覧

ご相談・ご質問はお気軽に