滞納管理費請求時の弁護士費用の請求

マンション標準管理規約(単棟型)60条2項には、未納の管理費等の請求に際し、違約金として弁護士費用及び諸費用を請求できると規定しています。ただ、現実にどの程度の弁護士費用を請求できるのかは判断に迷うことがあります。弁護士費用は依頼する弁護士によって異なりますし、交通事故のケースでは実務上概ね損害額の10%程度に限られることが多いからです。裁判では、「違約金としての弁護士費用」として請求できるのは、実際に支払った金額であるとする主張と、裁判所が認める相当額に限られるとする主張とが対立します。

この問題について、東京高裁平成26年4月16日判決(金融・商事判例1445号58頁)では、未払管理費等459万5360円、確定遅延損害金129万6899万円に加え、弁護士費用102万9565円を請求したケースにおいて、弁護士費用全額を違約金として請求を認めました。実際の事例において弁護士費用をどこまで請求するか悩ましいケースも多くありますので、この高裁判決は、滞納管理費回収のコストに悩む管理組合にとっては、朗報だといえます。
なお、この弁護士費用102万9565円は、着手金32万6846円のみならず、報酬金65万3693円も含まれています(いずれも消費税別途)。

本件は上告受理申立がなされているようですので、最高裁の判断が注目されます。

区分所有法・マンションに関する記事一覧


Warning: Use of undefined constant date - assumed 'date' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/hironorimachida/www/wp-content/themes/Hironori-Machida/single.php on line 59
  • 区分所有法・マンション
     
    2016年03月28日

    マンション標準管理規約の改訂

    国土交通省から、平成28年3月14日付にて、マンション標準管理規約の改訂が発表されています。 →続きを見る

  • 区分所有法・マンション
     
    2015年12月28日

    読売新聞にマンションと民泊に関するコメントが掲載されました。

    2015年12月25日付読売新聞において、マンションと民泊に関する私のコメントが掲載されました。 翌日付のYOMIURI ONLINEにおける記事は...→続きを見る

  • 区分所有法・マンション
     
    2015年12月22日

    『Q&A マンション管理紛争解決の手引』出版のお知らせ

    私も執筆者の一人となっています書籍が発売されましたので、お知らせいたします。 私は「外壁、床下給排水管からの水漏れ」を執筆しました。 →続きを見る

  • 区分所有法・マンション
     
    2017年03月27日

    マンションにおける民泊

     最近、「民泊」が話題になっています。旅館業法に違反しないか等の問題もありますが、ホテル・旅館不足を背景に、社会的事実として、かなりの数の民泊が行なわ...→続きを見る

  • 区分所有法・マンション
     
    2017年03月27日

    マンション隣地の境界立会い

    マンション隣地が売却その他の理由により測量する際、マンション管理組合に対し、境界立会いが求められることがあります。 マンションの敷地は、分譲の際にき...→続きを見る

記事カテゴリー一覧

ご相談・ご質問はお気軽に