賃料増額請求後の過払金に対する利息

 賃借人が賃貸人から賃料増額請求を受けた場合、賃借人は、増額を正当とする裁判が確定するまでは、相当と認める額の建物の借賃を支払えば足り、もし不足分があった場合には、その不足分に年10%の利息を加算して支払わなければなりません(借地借家法32条2項)。
 それでは、賃借人が、相当と認める額の建物の借賃を支払っていたところ、裁判において、その支払っていた相当額を下回る増額賃料が認定された場合、その過払金に対する利息は、何%になるのでしょうか。借地借家法32条2項の類推適用により年10%となるのかが問題となります。

 東京高裁平成24年11月28日判決は、借地借家法32条2項の類推適用を否定し、その事例においては、賃貸人が民法704条の悪意の受益者に該当するとして、受領の時から年5%の利息が発生すると判示しました。
 
 賃借人からすると、増額後の相当賃料額を少なく見積もって10%の損害を取られるよりは、多めに支払っておいて5%の利息を付けて返還を受けたほうが得と思われます。
 しかし、相当賃料額を多めに見積もって支払うと、訴訟においてはその額が和解の際の基準にされてしまうこともありますし、賃借人もその額までは賃料増額を認めていたという心証を裁判官に与えてしまうこともありますので、賃借人としては、対応が難しいところと思われます。

 低金利の現代において、年5%の差は非常に大きいものですが、最高裁に上告受理申立てがなされている様子で、その後の裁判所の判断も注目されます。
 
  

借地・借家に関する記事一覧


Warning: Use of undefined constant date - assumed 'date' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/hironorimachida/www/wp-content/themes/Hironori-Machida/single.php on line 59
  • 借地・借家
     
    2017年03月27日

    シェアの形態

     オフィスビル賃貸借におけるシェアの形態は、広い意味でとらえると様々なものがあり、従前から行われているものも多くあります。  たとえば、以下のよ...→続きを見る

  • 借地・借家
     
    2017年03月22日

    サブリース形態によるシェアオフィス事業におけるオーナーの法的リスク

     先日のブログにて、シェアオフィスにおける利用者との契約に借地借家法が適用されるかという問題を記載しました。もし、シェアオフィス事業がビルオーナーでは...→続きを見る

  • 借地・借家
     
    2017年03月27日

    シェアオフィス・曜日貸し・時間帯貸しと借地借家法

     近時、様々なシェアビジネスが盛況であり、不動産賃貸借も例外ではありません。シェアハウス、シェアオフィスのみならず、店舗や教室等の曜日貸し(特定の曜日...→続きを見る

  • 借地・借家
     
    2017年03月27日

    DIY型賃貸借

     国土交通省住宅局から、平成28年4月15日、DIY型賃貸借に関する契約書式例及びガイドブックが公表されました。 →続きを見る

  • 借地・借家
     
    2016年03月14日

    賃料増額を怠った場合の立退料への影響

    長年にわたり賃貸借が行われているときに、当初決めた賃料のまま改定せず、相場よりも安い賃料が継続しているケースがあります。しかし、いざ、建物を再築する...→続きを見る

記事カテゴリー一覧

ご相談・ご質問はお気軽に