講演のお知らせ ~賃料減額~

以下の要領にて、賃料減額に関するセミナーを開催させていただくことになりました。
ぜひ、ご参加くださいますよう、お願い申し上げます。
なお、本セミナーは、6月16日に行いご好評をいただいたセミナーの再演となります。

■賃料減額請求への実務対応
 ~テナント対応の具体的解説、最新判例を踏まえて~

■日時: 平成21年10月26日(月)午後1時30分~午後4時30分
■会場: 金融財務研究会本社 グリンヒルビル セミナールーム
      金融財務研究会

■ご案内
 オフィス空室率の増加や募集賃料の減額が話題となる中、テナントからの賃料減額請求を受けた場合、安易に拒めばテナントの流出につながり、新規募集賃料の下落により大損失を被る可能性があります。一方、安易に賃料減額を受け入れれば収益性が大きく悪化します。このように、ビルオーナー及びプロパティマネジャにとっては、非常に難しい局面を迎えています。賃料減額を拒んだ場合、裁判で勝てるのか?裁判所に持ち込まれた場合の判決はどうなるのか?について予め理解しておくことは、テナントからの賃料減額請求を受けた際の対応を決定するうえで、非常に重要です。
 そこで、本セミナーにおいては、賃料減額請求の基本知識の確認、賃料に関する概念及び論点整理を行うとともに、テナントから賃料減額請求を受けた場合に備え、それに対する法的対応方法、近時の裁判所の賃料減額についての考え方、裁判例における賃料鑑定の傾向について、具体的事例を踏まえながら、実務的な対応策を解説します。

1 賃料減額請求の基本知識の確認
(1) 要件効果
(2) 調停前置主義
(3) 基本判例の知識確認

2 賃料に関する概念整理

3 裁判所が採用する賃料鑑定基準
(1) 不動産鑑定評価基準(国土交通省)の紹介
(2) 裁判所が採用する鑑定基準とその傾向

4 賃料減額請求の事例解説
(1) 鑑定意見に対する争い方
(2) 賃料自動増額特約のある事例
(3) サブリースの事例
(4) オーダーリースの事例 その他

5 ビルオーナーとプロパティマネジャの実務対応
(1) プロパティマネジャの説明責任・善管注意義務
(2) テナントとの交渉時の留意点

講演情報等に関する記事一覧


Warning: Use of undefined constant date - assumed 'date' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/hironorimachida/www/wp-content/themes/Hironori-Machida/single.php on line 59
  • 講演情報等
     
    2017年12月22日

    bUSINESS LAWYERSに執筆しました。

    BUSINESS LAWYERSに、以下の執筆が掲載されました。 「定期建物賃貸借契約における終了通知を遅らせることにより、全賃借人の退去時期を...→続きを見る

  • 講演情報等
     
    2017年09月26日

    空室対策についてのセミナー開催

    東京都宅地建物取引業協会八王子支部主催のセミナーにて講師を務めますので、お知らせいたします。 テ ー マ:住宅宿泊事業法(民泊法)成立!「空室対...→続きを見る

  • 講演情報等
     
    2017年09月05日

    民法改正に関するセミナー開催

    一般財団法人日本ビルヂング経営センター共催のセミナーにて講師を務めますので、お知らせします。 テ ー マ:「民法改正によるビル賃貸借への影響」 ...→続きを見る

  • 講演情報等
     
    2017年03月07日

    民泊・シェアハウスを含む空室対策についてのセミナー開催

    東京都宅地建物取引業協会武蔵野中央支部小金井地区主催のセミナーにて講師を務めますので、お知らせいたします。 テ ー マ:「空室対策としての民泊・...→続きを見る

  • 講演情報等
     
    2017年02月16日

    シェアオフィス問題等に関するセミナー開催

    日本ビルヂング経営センター主催で、以下の通り、セミナーの講師を務めますので、お知らせいたします。 →続きを見る

記事カテゴリー一覧

ご相談・ご質問はお気軽に