講演のお知らせ【テナント破綻とファンド破綻~起こりうる現実的問題点と、対応策の法的注意点~】

 下記の要領にて、賃貸借契約におけるテナント破綻等の諸問題についての講演を開催することになりました。ぜひご参加いただきたく、当ブログにてご案内をさせていただきます。
 講演の具体的な内容につきましては、主催者であるファンドソリューションのサイトをご覧いただきたく存じます。

【セミナータイトル】
テナント破綻とファンド破綻
~起こりうる現実的問題点と、対応策の法的注意点~
サブリース会社破綻の場合はどうか?

【開催日時】
平成20年12月9日(火) 午後1時30分~5時00分
<開場・午後1時>

【主催】 株式会社ファンドソリューション
【後援】 財団法人 日本ビルヂング経営センター

【概要】~ファンドソリューションHPより~
 今、世界的な規模で不況の嵐が吹き荒れています。もちろん我が国も例外ではなく企業破綻が急増しています。賃借人企業が破綻に至れば(破綻に近い状態であっても)、従前どおり賃貸ビルにテナントとして入居し続けることは困難となります。賃貸人・不動産ファンド破綻の場合も多方面に影響を及ぼします。
 そういう事態になれば、さまざまな形で問題が発生しますが、その際に迅速な対応を執れるか否かにより、最終的に賃貸人に生じる損害額も大きく異なります。未納賃料、敷金・保証金の扱い、夜逃げ同然で退去された場合の原状回復と残置物の処理等にどう対応すべきか? その法的注意点はどこにあるのか? サブリース会社破綻の場合においても多くの問題が発生します。さらに、不動産ファンドスキームの中でファンド会社やAM会社が破綻した場合は複雑な問題が発生します。
 賃借人・賃貸人に限らずアセットマネジャー、プロパティマネジャーも、これらのケースそれぞれについて対応策を考えておく必要があります。むろん法的な根拠が必要なことは言うまでもありません。
 そこで本セミナーでは、「テナント破綻」「ファンド破綻」のケースを中心として、「サブリース会社破綻」も含め、これらの現実的問題点と対応策、法的注意点について、具体的事例を踏まえてわかりやすく解説します。

投稿日:2008年11月7日 最終更新日:2008年11月19日
カテゴリー:講演情報等

講演情報等に関する記事一覧


Warning: Use of undefined constant date - assumed 'date' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/hironorimachida/www/wp-content/themes/Hironori-Machida/single.php on line 59
  • 講演情報等
     
    2017年12月22日

    bUSINESS LAWYERSに執筆しました。

    BUSINESS LAWYERSに、以下の執筆が掲載されました。 「定期建物賃貸借契約における終了通知を遅らせることにより、全賃借人の退去時期を...→続きを見る

  • 講演情報等
     
    2017年09月26日

    空室対策についてのセミナー開催

    東京都宅地建物取引業協会八王子支部主催のセミナーにて講師を務めますので、お知らせいたします。 テ ー マ:住宅宿泊事業法(民泊法)成立!「空室対...→続きを見る

  • 講演情報等
     
    2017年09月05日

    民法改正に関するセミナー開催

    一般財団法人日本ビルヂング経営センター共催のセミナーにて講師を務めますので、お知らせします。 テ ー マ:「民法改正によるビル賃貸借への影響」 ...→続きを見る

  • 講演情報等
     
    2017年03月07日

    民泊・シェアハウスを含む空室対策についてのセミナー開催

    東京都宅地建物取引業協会武蔵野中央支部小金井地区主催のセミナーにて講師を務めますので、お知らせいたします。 テ ー マ:「空室対策としての民泊・...→続きを見る

  • 講演情報等
     
    2017年02月16日

    シェアオフィス問題等に関するセミナー開催

    日本ビルヂング経営センター主催で、以下の通り、セミナーの講師を務めますので、お知らせいたします。 →続きを見る

記事カテゴリー一覧

ご相談・ご質問はお気軽に