団地の一括建替え

 本日の日経新聞朝刊に、多摩ニュータウンにおけるマンション23棟・640戸の一括建替えが計画されている旨の記事が掲載されていました。全国最大規模の建替え事業となるようです。

 通常、マンションにおいて建替えを行うためには、区分所有者及び議決権の各5分の4以上の賛成が必要となります(区分所有法62条1項)。
 しかし、団地内の複数の建物を一括して建替えることができれば、住戸数の増加や高層化、出費の抑制等のメリットも少なくありません。
 そこで、複数棟のマンションが区分所有法上の「団地」を形成する場合には、一定の要件の下で、団地内建物の一括建替え決議が可能とされています(区分所有法70条1項)。

 団地内建物の一括建替え決議を行う場合には、団地内建物全体の区分所有者及び議決権の各5分の4以上の特別多数決が必要ですが、さらに、各棟ごとに、各棟の区分所有者の3分の2以上の者であって、区分所有法38条に規定する議決権の合計の3分の2以上の議決権を有するものの賛成が必要となります(区分所有法70条1項但書)。
 要するに、団地全体において、単棟の建替えの場合と同様に5分の4以上の賛成があれば、団地全体の一括建替えの必要性が高いと判断され、各棟においては、3分の2の賛成があれば足りるとされているのです。

 今回は区分所有法の「団地」についての説明を省略しましたが、「団地」概念については、世間一般的に用いられる概念と異なり、法的概念です。世間でいう団地が、必ずしも区分所有法上の「団地」に該当するとは限りません。
 このあたりの説明については、また機会を見て行いたいと思います。

区分所有法・マンションに関する記事一覧


Warning: Use of undefined constant date - assumed 'date' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/hironorimachida/www/wp-content/themes/Hironori-Machida/single.php on line 59
  • 区分所有法・マンション
     
    2016年03月28日

    マンション標準管理規約の改訂

    国土交通省から、平成28年3月14日付にて、マンション標準管理規約の改訂が発表されています。 →続きを見る

  • 区分所有法・マンション
     
    2015年12月28日

    読売新聞にマンションと民泊に関するコメントが掲載されました。

    2015年12月25日付読売新聞において、マンションと民泊に関する私のコメントが掲載されました。 翌日付のYOMIURI ONLINEにおける記事は...→続きを見る

  • 区分所有法・マンション
     
    2015年12月22日

    『Q&A マンション管理紛争解決の手引』出版のお知らせ

    私も執筆者の一人となっています書籍が発売されましたので、お知らせいたします。 私は「外壁、床下給排水管からの水漏れ」を執筆しました。 →続きを見る

  • 区分所有法・マンション
     
    2017年03月27日

    マンションにおける民泊

     最近、「民泊」が話題になっています。旅館業法に違反しないか等の問題もありますが、ホテル・旅館不足を背景に、社会的事実として、かなりの数の民泊が行なわ...→続きを見る

  • 区分所有法・マンション
     
    2017年03月27日

    マンション隣地の境界立会い

    マンション隣地が売却その他の理由により測量する際、マンション管理組合に対し、境界立会いが求められることがあります。 マンションの敷地は、分譲の際にき...→続きを見る

記事カテゴリー一覧

ご相談・ご質問はお気軽に