農業の主たる従事者とは

 前回お話したとおり、農業の主たる従事者が死亡し、又は、農業に従事することが不可能になったときには、生産緑地の買取請求が認められていますが、農業の「主たる従事者」とは一体誰を指すのでしょうか。

 「主たる従事者」とは、農業に専業従事する者はもちろんのこと、兼業で従事する者であっても、その者が従事することができなくなったために農業経営が客観的に不可能となるような場合におけるその者も含まれ、世帯主に限定されるものではありません。
 また、農業は家族経営で行われることも多いことから、主たる農業従事者と共に、一定割合以上農業に従事している者、具体的には、
� 主たる従事者が65歳未満の場合、その従事日数の8割以上従事する者
� 主たる従事者が65歳以上の場合、その従事日数の7割以上従事する者
も、「主たる従事者」に含まれるものとされます。

 「主たる従事者」に該当するか否か、「一定割合以上農業に従事している者」に該当するか否かは、市長が判断します。そして、買取申出の際には、個々の従事者の従事日数を把握するため、農業委員会の証明書を添付することになっており、市長の判断が客観的なものとなるよう配慮されています。

 買取申出の事例ではありませんが、相続税の更正処分に対する取消請求訴訟において「主たる従事者」の解釈が問題となった事例があります(名古屋地裁平成13年7月16日判決、判タ1091−224)。
 上記判例においては、「主たる従事者」の判断基準につき、その者の死亡により、所有者となった相続人が質的又は量的に従前と異なる新たな負担を余儀なくされるような場合には、当該被相続人は「主たる従事者」に該当すべきであると判断した上、この新たな負担とは単に労働力の提供という要素のみに限定されるべきではなく、資本その他の経営面における要素を総合考慮すべきであると判示しました。
 事例は異なるものの、数少ない裁判所の判断だけに、参考になるものと思われます。

ご相談等のお問い合わせはこちらから

プロフィールや取扱い実績はこちらから

投稿日:2006年7月5日 最終更新日:2017年3月27日
カテゴリー:生産緑地

生産緑地に関する記事一覧


Warning: Use of undefined constant date - assumed 'date' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/hironorimachida/www/wp-content/themes/Hironori-Machida/single.php on line 59
  • 生産緑地
     
    2017年03月27日

    生産緑地の買取価格

     生産緑地の買取は「時価」でなされます。それでは、「時価」とは、いったいいかなる基準で決まるのでしょうか。  「時価」とは、不動産鑑定士、公官署...→続きを見る

  • 生産緑地
     
    2017年03月27日

    農業の主たる従事者とは

     前回お話したとおり、農業の主たる従事者が死亡し、又は、農業に従事することが不可能になったときには、生産緑地の買取請求が認められていますが、農業の「主...→続きを見る

  • 生産緑地
     
    2017年03月27日

    生産緑地の買取申出制度

     今日は、生産緑地の買取申出制度について、大きな手続の流れについてお話したいと思います。  生産緑地に指定はされたものの、その後の事情の変化によ...→続きを見る

  • 生産緑地
     
    2017年03月27日

    生産緑地とは

     さて、今回からいよいよ本題に入りますが、まずは、「生産緑地」をテーマに書いていきたいと思います。  私が住んでいる多摩地区は、大きな農地がまだ...→続きを見る

記事カテゴリー一覧

ご相談・ご質問はお気軽に